top of page
検索
  • watari21

ミニシンポジウムとポスターセッションを開催しました。/A mini-symposium and poster session were held.

更新日:2023年10月16日

2023年8月15日、ハノイ工科大学において、プロジェクトの進捗を報告するミニシンポジウムと、ポスター発表が開催されました。前半のミニシンポジウムでは、それぞれ各グループから一名ずつ、これまでの研究とプロジェクトの活動進捗について共有をしました。


グループ1の山本准教授は「Large scale production of protein free natural rubber」について、グループ2の山野助教は「Producing protein-free natural rubber products」、グループ3からは笠井准教授が「Establishment of biodegradation system for natural rubber products」を発表し、最後にグループ4の渡利助教からは、特にプロジェクトの活動4-1及び4-2について、詳しい発表がありました。


後半にはポスター発表が実施され、ハノイ工科大の学生も参加した活発な意見交換が行われました。参加者からは研究者の先生方からの丁寧な説明に「プロジェクトの理解が深まった」、「非常に勉強になった」という声もあがり、盛況なうちに会を終えることができました。


On August 15, 2023, a mini symposium was conducted at Hanoi University of Science and Technology (HUST) to provide updates on the project's advancement, accompanied by a display of posters.



During the symposium, representatives from each group shared their research outcomes and the project's ongoing endeavors. Associate Professor Yamamoto of Group 1 presented on 'Scaling Up the Production of Protein-Free Natural Rubber,' Assistant Professor Yamano of Group 2 discussed 'Manufacturing Protein-Free Natural Rubber Products,' and Associate Professor Kasai of Group 3 introduced 'Establishing a Biodegradation System for Natural Rubber Products.' Lastly, Assistant Professor Watari of Group 4 delivered a comprehensive report on the specific activities of Project 4-1 and 4-2.


Following this, poster presentations took place, sparking animated discussions among attendees, including students from HUST. The symposium concluded on a positive note, with participants commending the researchers for their detailed elucidations, which significantly enriched their understanding of the project and imparted valuable insights.














閲覧数:25回0件のコメント

Comentarios


bottom of page