top of page
検索
  • watari21

キックオフシンポジウムを開催しました。

更新日:2023年6月27日


2023年3月6日及び7日の二日間、ハノイ工科大学(HUST)において、天然ゴムの脱タンパク質化とグローバル炭素プロセスの革新に焦点を当てたインバボーンプロジェクトのフェーズIIキックオフシンポジウムが開催されました。JICAとJSTの支援を受け、シンポジウムには長岡技術科学大学(NUT)、HUST、日本のゴムメーカーの研究者が一堂に集まり、環境に優しい天然ゴムに関する展望や成果を共有しました。二日目は同国のゴム産業についての見識を深めるため、ベトナムのゴム工場見学ツアーが実施されました。

シンポジウムでは、 HUSTのプロジェクト・マネージャーであるファン・チュン・ニア准教授が、産業応用におけるプロジェクトの成果を達成するため、研究グループ間の協力が重要と今後の協力関係に期待を表明しました。


一方、日本側研究者代表のプロジェクト・ディレクターの山口隆教授は、プロジェクトがフェーズI(2011-2016)から継続されていることに加え、ベトナムにおける合成ゴムから天然ゴムへの置き換えを支援していることを強調しました。

JICA及びJSTは、ベトナム政府および実施機関と積極的に協力し、ベトナムが天然ゴムを含む世界有数の炭素プロセスを確立できるよう支援していきます。


The Kick-off Symposium for Phase II of the INBERBON Project, focused on de-proteinising natural rubber and innovating global carbon processes, took place at Hanoi University of Science and Technology (HUST) on March 6th and 7th, 2023. Supported by JICA and JST, the symposium brought together researchers from Nagaoka University of Technology (NUT), HUST, and Japanese rubber producers.

Researchers and


scientists shared perspectives and achievements in environmentally friendly natural rubber. A technical tour of a Vietnamese rubber factory provided insights into the country's rubber industry.




Assoc. Prof. Phan Trung Nghia, the Project Manager from HUST, expressed hopes for collaboration among the research groups to achieve project outcomes in industrial applications.

Prof. Yamaguchi Takashi, the Project Director from NUT, highlighted the project's continuation from Phase I (2011-2016), aiding Vietnam in substituting synthetic rubber with natural rubber.


JICA and JST remains committed to actively collaborating with the Government of Vietnam and the implementing agencies to sustain the cooperation and support Vietnam in establishing a leading global carbon process involving natural rubber.

閲覧数:47回0件のコメント

Comments


bottom of page